HOME>特集>ビルに省エネ機器を導入するメリット【ランニングコストを抑える】

目次

消費を低くする意味

これからビルを建てようという構想があるならば、その設計を行う前の段階で省エネ設計を組み込んでいくことが大切です。省エネルギーでないビルというものは地域において非常に立場が悪く、その年のそう二酸化炭素排出量を増やす原因となってしまいます。古い設計のビルであっても新しく省エネ設計でリフォームすることで、ランニングコストをぐっと抑えることができるでしょう。

空調と配電の見直し

ビルは高層であればあるほど空調や配電などの設備にエネルギーを使いますが、適切な設計をすることで低くすることは可能です。こういった設計は自治体から補助金も出るため、多くの専門業者が存在しているのでうまく活用していきましょう。省エネを目的とする自動制御システムを組み込むことで全体を一括で管理することができ、それに伴って使うエネルギーも少なく抑えることができます。

メンテナンスの重要性

ビルをとにかく省エネルギーにすると初期投資がかなり掛かってしまいますが、年間の出費を低くできるため割と予算に余裕ができます。賃貸などで法人や個人から家賃を得ることもでき、ビル経営は順調となるためメンテナンスを十分に行えるようになるでしょう。この際に初期投資が高かったからという理由でメンテナンスを怠ることがありますが、故障の早期発見ができなければかなりのコストを支払うことになるので、気を付けるべきです。

利用者に我慢をさせない

今までの省エネといえばとにかく利用者に不便を強いるものでしたが、今は空調システムをビル全体で管理することでとても快適な空間にすることができます。いちいちスイッチを切るような前時代的な行為をする必要がないので、省エネ設計をすることでとても快適な建物にすることができるでしょう。

広告募集中