HOME>イチオシ情報>ビルの省エネ対策は専門業者へ相談が最適!設備投資も要検討

専門業者に相談すればビルの省エネ対策も簡単

省エネといえば照明をこまめに切るなど、いくつかの方法が考えられますが、専門業者に相談すれば、他角度から効率的な省エネの方法を提案してくれます。自社ですべての判断を行おうとすると、無駄な労力を費やしてしまうことや、最適な対策とならないなどのデメリットありますが、専門業者であれば簡単に省エネ対策の具体案を提示してくれますので簡単です。例えば、省エネ診断をしてもらって、設備面の改善点や省エネ対策の実際のやり方についてアドバイスを受けられます。
また省エネに関する設備投資が必要な場合は、自治会からの補助金を受けられるケースがあります。専門業者であれば、補助金の申請について相談に乗ってもらい疑問点を解消できます。したがって省エネ対策をスムースに進めていくためにも、専門業者の活用は重要であることが分かります。

ビルの省エネ対策する上で知っておくべきことQ&A

省エネの効率的な実施方法とは?

一日の消費電力の推移を把握して、無駄な電力消費を低減したりエネルギーの節約を計画したりします。

ビル管理システムとはなにか?

ビルが使用するエネルギー消費(電気、燃料や熱など)の監視対象を一元管理するシステムです。

省エネに関する問題点を明らかにするには?

省エネ専門の業者を活用して、エネルギー節約に役立てるために省エネ診断の実施を推奨します。

地域での信頼を確保する

ビルの窓

ビルを新しく建てる際には、設計の段階で省エネルギー設計にしていかなければ、その地域で信頼される建物にはなりません。年間で消費するランニングコストをできるだけ低く抑えることで、その地域のエネルギー量が減り、様々な面で便宜を図ってもらえるようになります。

維持管理にかかる費用

ビルは使用されていくうえで必ず問題が生じてくるものであり、そういったトラブルを予防するためには維持管理を適切に行っていかなければいけません。警備や配管と配線などが適切な状態であるかどうか、異常がないかを確かめる定期調査など、出費はかなりかさみがちです。ランニングコストを減らす省エネ設計のビルであれば、浮いた分の予算をそういった維持管理に回すことができるようになります。長くビルを維持していくためにはとても効率的な手段なので、図面や設計図を作る段階から省エネを意識しましょう。

冷暖房の効率について

ビルの空調システムをどれだけ効率よく、清潔な空気を維持していくかが重要となってきます。それは後になってから設備投資するとかなりコストが高くなりますが、設計の段階でかなり効率のいいシステムにすることが可能です。冷暖房はビルにおいては普通の住宅以上に効率よく、低燃費にしていくことができるので、省エネルギーを意識してビルを建てていくようにしましょう。冷暖房の温度設定をビル全体で管理するシステムであれば、かなりランニングコストが安くなり、快適なビルにすることができます。

広告募集中